2022年 東久留米市 LIXIL(トステム)リシェントドア補助金

LIXIL リシェントドア補助金

2022年6月22日から、東京都から東久留米市でLIXIL玄関ドアの交換工事補助金が
もらえる様になりました。

今までは、窓工事インプラスやリプラス等と工事を行う事で、ドア工事のも
補助金が出ていたのですが、今回の東京都ドア補助金はドア工事のみでも
申請が可能になりました。

この補助金が有れば、夢の電気錠ドアのリフォーム工事も夢ではなくなります。

リシェント対象商品は、断熱性能が担保されている商品になります。

K2・高断熱仕様の2つの商品になります。

東京都の補助金
災害にも強く健康に資する断熱・太陽光住宅普及拡大事業

この申請に関しては、弊社が無料で代理申請を行います。


災害にも強く健康に資する断熱・太陽光住宅普及拡大事業

東京都は、気候危機への対応だけでなく、中長期的にエネルギーの安定確保につなげる観点から

取組を強化・加速してまいります。

ポイントは、電力を<Ⓗ減らす・Ⓣ創る・Ⓣ蓄める>キーワードはHTT

この3つの観点から、都民・事業者の皆さまと共に、総力戦で取り組む必要があります。

具体的には、家庭向けに「Tokyo Cool Home」、事業者向けに「Tokyo Cool Biz」として、

様々なメニューを用意し展開していきます。

(1)申請期間 令和4年6月22日(水)から令和7年3月31日(月)まで
(2)助成率、上限額
助成対象 助成率 上限額 要件
高断熱窓 1/3 100万円/戸 1つ以上の居室において、全ての窓について、高断熱窓を設置すること(対象製品に関する要件あり)。
高断熱ドア 1/3 16万円/戸 高断熱ドアを設置すること(対象製品に関する要件あり)。
太陽光発電設備 既存住宅
  • [3kW以下の場合] 15万円/kW(上限45万円)
  • [3kWを超える場合]12万円/kW(50kW未満)
  • ただし、3kWを超え3.75kW未満の場合 一律45万円
  • ※kWに応じた助成金額が逆転しないよう、一律の助成金額としています。


申込期間は3年間に渡るので、ゆっくりと申し込みが出来るとおもうのですが、
やはり、予算が無くなってしまえば事業が終了をしてしまうので、
先ずは、(有)中沢硝子建窓までお気軽にご相談をして下さい。


リシェントドア補助金額

LIXILリシェントドアの工事で、実際にどれくらいの補助金額が出るのか?

お見積り 478,500円
都補助金 141,600円
実費予定額 336,900円

普通に工事を依頼する時に、お値引きの相談をして141,600円を
引いてくれる業者さんはいますか?

補助金を使う事で、商品の値上げ等が気になって工事に踏み切れないお客様も
この制度を利用する事で、肩を押してもらえると思います。

ぜひ、(有)中沢硝子建窓にお任せ下さい。


リシェントドア特徴

リシェントの最大の特徴は、1日で工事が出来ます。

1 工事前の現調打ち合わせ ご契約

2 ご契約後の発注 納期は約7日~10日程

3 工事日 AM9:00~PM16:00頃まで

工事までの工程は、3工程で工事完了です。

何と!!(有)中沢硝子建窓では、工事後の施工10年保証を付けています。

ドア本体の色あせや変形に関しては、メーカー3年保証

施工等は、弊社の10年保証になります。


ドアは生まれ変われます

2022年東京都の新しいドア補助金を使って、ドアを新しくしてみませんか?

いまやドアには、色々な機能が付いており、電池で下記が開け閉めできる
タッチキーシステムとCAZASシステム。

ドアを閉めていたも通気がが出来る彩風タイプ。

高断熱ドアタイプに防犯ガラス仕様。

東久留米市では、市の補助金が無いため都・国の助成金を上手く使いながら、この機会にぜひ断熱交換工事はいかがでしょうか?

ドアの補助金の事なら、(有)中沢硝子建窓にご相談ください

記事を書いた人  代表取締役 中沢 仁郎

マドリモの発案者として、施工実績数にはこだわりを持っており、YKKAPのマドリモ取扱数6年連続で全国1位をいただいております。

また、補助金に関することは専門の事務体制を設け、工事費負担を少しでも軽くするための体制も整えています。

ご自宅の窓リフォームをお考えでしたら、窓ガラス専門店である中沢硝子建窓へお問い合わせ下さい。
 

中沢硝子建窓について

電話でお問い合わせ メールでのお問い合わせ補助金窓コラム

交換費用

施工事例

お客様の声

窓リフォームコラム

お役立ち情報

お問い合わせ

マドリモを同じ予算でここまで内窓のリフォーム専門店シャッター網戸の専門店NGKドアの専門店