リフォームは何処に頼むべきか? 1

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

お客様の所にお打ち合わせに行くと、「リフォームは何処に頼むのが良いの?」と
よく聞かれることがあります。

中沢硝子は、窓とドアの専門店なので、水回り工事や内装の工事は行っていないのです。

その時に、良く話をさせて頂くのですが、ホームページを見た時に、仮にですが
(有)中沢硝子建窓は見出しに{窓とドアの専門店}書いてあります。

ここが大事なのです。

必ず、自社の一番強い所や売りたい商品が一番初めに必ず書いてあります。

例えば、キッチン・ユニットバス・トイレ・エクステリア・外構・窓・ドア等っと
あるとしたら、沢山書いた方が見栄えが良いと思い、この様に工事が出来そうな
物をお店もガラスに書いてあったりしたら、窓とドアは最後に思いついて
付け足した工事になるからです。

このリフォーム店さんは、水回りが得意なお店となります。

デザインを重視している所は、画面一杯に今まで手掛けた物件でも指折りの
写真をこれでもかっと言わんばかりにトップ画面に出す傾向があります。

この様なリフォーム店は、金額などの細かいことは明記をしていませんが、
会社がある程度大きければ、かなり信用が出来るかと思います。

ここで、考えなければならないお店が実はあります。

町にある工務店さんです。

昔ながらの大工さんが居る所です。

家族経営で、社長が居て息子が専務で奥さんが副社長の社長と専務が
大工さんの工務店さんは、工事は何処よりも安くてチョットした事なら
工事を頼むのが良いと思うのですが、取扱量が少ないので水回り商品は
かなり割高にある傾向があります。

更に言うと、大工仕事は任せられるのですが、新しい商品を全然わからなくて、
若い世帯の方々のリフォーム工事にはあまり向かない傾向があります。

リフォーム会社さんやデザインリフォーム会社の下請けとしては最高です。

今までこの業界に居て一番頼んでは生きないのが、○○建設や△△建築は
少し気お付けて下さい。

リフォーム専業の建設店さんは、ホームページや営業さんっと話せば
専門店だとしっかりわかるのですが、ホームページに公共事業の事を
自慢げに書いている所はかなりやばいです。

何でか?公共事業を中心に行っている所は、工事単価が億単位なので、
リフォーム等を修繕っと呼んでいます。

自分も沢山見てきたのですが、その修繕と呼ぶ人たちはかなり達が悪いです。

仮にリフォームで200万円としますが、現場を管理する人たちからすると、
利益が少ないのでやりたがらないのです。

マンションの工事をもらう時は、地主さんに声の色を変えて近づくのですが、
退去者がでて部屋のクロス張替えなどの依頼が来ると、会社の中でお客様の
所に行くのを押す付合っているのです。

公共事業を中心の建設店は、あくまでも箱モノを作るのが仕事だからです。

やはり、リフォームを頼むならホームページトップに一番初めに出てきた
言葉や写真がそのお店の一番強い所なのかもしれません。

あくまでも、自分が30年間色々な所を見てきた自分の意見になります。
 

交換費用

施工事例

お客様の声

窓リフォームコラム

お役立ち情報

お問い合わせ

マドリモを同じ予算でここまで内窓のリフォーム専門店シャッター網戸の専門店NGKドアの専門店